読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

池と小林信一

金のアクセサリーを買取に出そうという際に、一般的に利用されているのは、金買取の専門店や、質屋などだと思います。
とはいえ、専門店は素人には敷居が高かったり、そうでなくても恥ずかしくて入りにくいと感じる人も多くいるのではないでしょうか。
そんな方でも安心して利用できるのが、デパートの金買取ですね。
催事場で、特定期間のみ出店している場合も多いです。
デパートならば信用もあるということで、初めての方でも利用しやすいでしょう。
要らなくなった金のネックレスをおカネに変えたいと思っている人は、刻印を見てみるのがいいと思います。
それが本当に金製であれば、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。
Kはカラットの略で、この数値は金の純度を表しています。
K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントという印です。
もちろん、この純度が何%であるかによって専門店に売却する際の価格も全く違ったものになります。
一口に金と言っても、その純度によって色々な種類があります。
カラットの略であるKを用い、純金なら「24K」などと表現します。
金以外の金属が入っている場合(合金)なら、18Kなど、数字が24以下になります。
この18Kというのは簡単に言えば4分の3が金ということです。
金に混ぜる「割金」(銀や銅、パラジウムなど)の組合せにより、銀と銅が五分五分ならイエローゴールド、パラジウムが25%入ればホワイトゴールドなどと変化します。
金製品の価値を測る上で、純度は大事ですので、気に留めておくといいでしょう。
ともに高級品として知られる金とプラチナですが、どちらが高価かを即答できる人は少ないかもしれません。
基本的には、プラチナの方が金より高価とされています。
理由としては、市場規模の小ささに加え、金の20分の1とも言われる、産出量の少なさを抜きにしては語れません。
プラチナは南アフリカやロシアのごく限られた地域でしか産出されないのです。
プラチナや金はその美しさに加え、化学的に安定していて決して劣化しないという性質があり、遥か昔から、世界中の至る所で富の象徴となってきましたが、あまりの希少性の高さが、その価格を引き上げる要因となっているのです。
金は高級品というイメージがありますが、実は私達の身の周りにも金でできていたり、一部に金が使われている製品が結構たくさんあったりします。
キララ ウォーターサーバー
例を挙げれば、歯医者さんで付けてもらう金歯がそうですね。
金買取店は、こうしたものも買取の対象にしています。
とにかく金で出来ていれば、形は問わないわけです。
ちょっと豪華なランチ代程度の臨時収入も夢ではないので、もう使わなくなった金歯がある方は、そのまま捨てるのではなく、買取に出してみましょう。
普通のサラリーマンが普通に手持ちの金製品を売る程度では、金の買取で課税されることなどないでしょう。
金買取を行っている業者のほうは、日々多くの金製品を売り買いしていますので、所得額の申告を行い、何重もの税金を支払っていることでしょう。
ですが、そこまでの金額を個人がやりとりすることはないでしょう。
もっとも、税法が改正されることも有り得るので、買取店の人に教えてもらうか、事前に税理士さんなどに聞いて調べるといいかもしれません。
もう身に着けなくなり、自宅で眠っている指輪やイヤリング、ネックレスなどの貴金属がある人は多くいるようです。
もう使わないことが分かりきっているなら、専門のお店で売却することを考えてみてはどうでしょう。
金やプラチナを専門に買い取ってくれるところもあちらこちらにありますので、高値が付くかどうか鑑定に持ち込んでみるのをオススメします。
金の買取を利用する上で多くの方が気にするのは、実際幾らくらいの金額での買取が見込めるのか見込額を知ることだと思います。
製品の価値はモノによって異なりますが、金自体の価格の計算法を知っておけば目安になります。
日々変動する金の国際価格に対し、まずそれを金の重量単位である1トロイオンスで割り、ドル円レートを掛けると、国内金価格が算出できるのです。
金価格はネットでも調べられるので、情報を把握しておき、店舗に出ている買取価格が適正な数字かどうか判断できるようになっておくといいでしょう。
家のタンスなどに眠ったままの金やプラチナの装飾品があったら、売却して臨時収入を得るのもいいと思います。
ただし、同じ量の金でも店によって価格は変わるので、ランキングやレビューなど、ネットで見られる情報を調べた上で、なるべく高値になりそうな店を選ぶべきです。
高価な品物であればあるほど、買取総額はかなり変わってきますから、よほど慎重に店舗を比較検討する必要があります。
金の指輪やネックレス、ブレスレットなど、かつて気に入っていたけど何年も使っていない貴金属製品をそのまま眠らせておくのは得策とは言えませんね。
自分のことかなと思ったあなたには、貴金属買取のお店に売却することをお勧めします。
一例として金の買取の場合を考えてみます。
24金(K24、純金)であれば、今は1グラム約4800で流通しています。
買取相場は一般的にその価格より若干安くなるとはいえ、買取と言って一般にイメージされるよりはずっと高い金額の臨時収入が期待できます。